10月 12

AV女優のお仕事

プロダクションに応募してできるお仕事というのは多く存在しています。
たとえば、「パーツモデル」や「コスプレモデル」、「ダンサー」といったようなお仕事が存在しているのです。では、このほかにはどういったお仕事が存在しているのでしょうか。

まず、「インターネットモデル」というのがあり、「ネットモデル」ともいわれるお仕事です。
たとえば、化粧品の通販サイトなどで「ご購入はこちら」などと指を指しながらニコッと笑っている女性を何度か見たこともあると思いますが、要するにあれが「ネットモデル」のお仕事になります。企業のWEBサイトでイメージモデルとして使われたり、化粧品ならファンデーションを塗っているところを撮影されたりするお仕事です。
他にも、新しい洋服のイメージモデルになったりもします。

次に「グラビアモデル」というものがあり、テレビ、雑誌、ネットなどで「グラビアモデル」としてお仕事をしますので、基本的には水着や下着でイメージ写真を撮影することの多いお仕事になります。
「インターネットモデル」との大きな違いは、自分自身がアピールする側になるということです。そもそも「インターネットモデル」のお仕事は、化粧品だったり洋服だったりの何かしらの商品がメインになるからなのです。
「グラビアモデル」の場合は、自信の魅力をウリにしなくてはいけないお仕事で、たとえば雑誌などに載るのであれば女性の水着や下着姿の魅了を感じて購入してくれる男性がターゲットになります。男性がターゲットのお仕事になりますので、男性が喜ぶポーズなどで撮影する機会が多くなるお仕事でもあるのです。

最後に、「AV女優」のお仕事になります。実のところ、10年~15年くらい前と比べて女性のレベルは格段に上がっています。「AVだから応募すればすぐにお仕事できるはず」という考えで面接に望むと簡単に落とされてしまう時代ですので、面接前はしっかりと準備しておきたいお仕事でもあるのです。

近年、AVに出演してみたいという女性が増加してる背景もあり、まだまだ買い手市場の状況は続きそうでもあります。「AV女優」にも、「単体」、「企画単体」、「企画」の大きく3種類に分類されており、「単体」が一番たくさんギャラが貰えて「企画」がアルバイト感覚のギャラになってきます。
「単体」とは、AVメーカーと年間で独占契約を結ぶ形でお仕事をします。そして、「企画単体」とは1人で出演するのですが、独占契約ではなく1本で終了します。最後に、「企画」は複数人の「AV女優」が出演する作品で、たとえば素人のナンパ作品などがこういった企画作品になるのです。

10月 05

応募してできるお仕事

一言でプロダクションといってもかなりの種類のプロダクションが存在してきます。タレントや女優、モデルなどが所属しているプロダクションは芸能プロダクションとされ、逆にアダルト業界のお仕事を主に斡旋しているプロダクションをAVプロダクションといいます。
このAVプロダクションに関しては、自分の意思で所属することが可能ですので、所属に至るまではそこまで難しい問題ではありません。そこからお仕事を斡旋されるまでがある意味長いといってもいいでしょう。
そこで、プロダクションに応募してできるお仕事というものにはどういったものがあるのでしょうか。

まず「パーツモデル」というお仕事があり、この「パーツモデル」とは体の一部を使ってするモデルのお仕事です。
手、足、背中などの自分の体の一部を撮影されたりすることで報酬をもらえるお仕事で、「手タレ」や「足タレ」、「背タレ」、「髪タレ」などと呼ばれることも多いです。
手や足の他にも、髪、目、口、鼻、耳、背中、お尻といった部分でお仕事をすることも可能になります。やはり、お仕事をもらえるとなると平均以上であることが最低条件です。
たとえば「手」で見てみますと、「指は長いか」、「指は真っ直ぐか」、「歪んだり曲がったりしていないか」、「爪は健康的な薄いピンク色か」、「ささくれがないか」、「ゴツゴツしていないか」、「ホクロがないか」、「キズがないか」、といったように手だけでもこれだけ条件があって、そしてトータルで判断されます。
そして、撮影された体の一部はCMや広告などで使われることになり、ある意味「パーツモデル」のお仕事は世の中の広告を支えているお仕事でもあるのです。

次に、「コスプレモデル」というものもあり、基本的にはコスチュームを着て撮影されるお仕事になります。アニメなどのキャラクターが作中で着ているコスチュームを着て、撮影会などでモデルをします。
採用基準は高くありませんので、コスプレが好きな女性やキレイに撮られたいと思っている女性なら誰でもできるお仕事になります。
コスプレ専門のプロダクションの中には、ただコスプレを着て撮影されるだけでなく完コスを求められる所もあります。本人になりきったポーズなどを要求されることもありますので、この場合は採用基準が高くなると思っていいでしょう。

最後に、CMやアーティストのPVのバックダンサーとして踊るお仕事や、ミュージカルやショーなどで踊るお仕事というものもあります。
ダンススクールなどを運営しているプロダクションが、そのままダンサーの派遣を行っている形もあるのです。

9月 28

所属の仕方

今現在、テレビや映画などで活躍しているタレントや俳優というのは、99パーセント以上の確立でどこかのプロダクションに所属をしてお仕事をしています。ごく稀に、どこのプロダクションにも所属せずにフリーという形でお仕事をしている人もいますが、そういった人のほとんどは後に個人事務所などのような会社を設立するのが業界の常識のようにもなっているのです。
後、スポーツ選手などもオフシーズンなどでよくテレビに出演されていますが、このスポーツ選手に関してもどこかのプロダクションが業務提携として契約をしており、テレビなどのメディアの仕事に限りこのプロダクションがお仕事の斡旋をしています。
ですが、このプロダクションといっても1つではないのです。

先ほども述べましたが、芸能界を中心に活動する芸能プロダクション、アダルト業界を中心に活動するAVプロダクション、コスプレ界を中心に活動するコスプレプロダクション、ダンス界を中心に活動するダンサープロダクション、など幅広い業界の仕事をカバーできるプロダクションも多数あります。そして、このプロダクションには色々仕事があり、お仕事をする時間も報酬も様々になってくるのです。
そもそもプロダクションとは何なのかさえわからない人もいると思いますが、簡単にいうと「芸能人やタレントの人を抱えて、それによって興行や事業を行う会社」、それがプロダクションとなるのです。
では、どうすればプロダクションに入れるのかも気になるところでしょう。

基本的に、そのプロダクションごとに所属の仕方は変わってきます。立派なオーディションの合格しないと所属ができないプロダクションもあれば、知人などの紹介で入れるプロダクション、養成所やレッスン生からそのまま所属、街角などでのスカウトなどなど、そのプロダクションのシステムや業務内容などで変わってくるのです。
そこで、ここではアダルト業界を主にお仕事を斡旋するAVプロダクションについて述べていきたいと思います。

まず、このAVプロダクションなのですが、一般の人が想像をしている以上にプロダクションの数が存在しているのです。
そして、このAVプロダクションに入るには、基本的に応募という形で所属をすることができます。
一般のアルバイト情報誌にも掲載されていますし、風俗系のお仕事を主に掲載されている情報誌にも掲載されています。ですので、気軽に応募をして、そのプロダクションに所属をするという形になるまではそこまで難しくはないのです。
これが、有名な俳優やモデル、タレントがいるような芸能事務所ではありえない話なのですが、AVプロダクションであればこういった形で所属はできるのです。