»

9月 28

所属の仕方

今現在、テレビや映画などで活躍しているタレントや俳優というのは、99パーセント以上の確立でどこかのプロダクションに所属をしてお仕事をしています。ごく稀に、どこのプロダクションにも所属せずにフリーという形でお仕事をしている人もいますが、そういった人のほとんどは後に個人事務所などのような会社を設立するのが業界の常識のようにもなっているのです。
後、スポーツ選手などもオフシーズンなどでよくテレビに出演されていますが、このスポーツ選手に関してもどこかのプロダクションが業務提携として契約をしており、テレビなどのメディアの仕事に限りこのプロダクションがお仕事の斡旋をしています。
ですが、このプロダクションといっても1つではないのです。

先ほども述べましたが、芸能界を中心に活動する芸能プロダクション、アダルト業界を中心に活動するAVプロダクション、コスプレ界を中心に活動するコスプレプロダクション、ダンス界を中心に活動するダンサープロダクション、など幅広い業界の仕事をカバーできるプロダクションも多数あります。そして、このプロダクションには色々仕事があり、お仕事をする時間も報酬も様々になってくるのです。
そもそもプロダクションとは何なのかさえわからない人もいると思いますが、簡単にいうと「芸能人やタレントの人を抱えて、それによって興行や事業を行う会社」、それがプロダクションとなるのです。
では、どうすればプロダクションに入れるのかも気になるところでしょう。

基本的に、そのプロダクションごとに所属の仕方は変わってきます。立派なオーディションの合格しないと所属ができないプロダクションもあれば、知人などの紹介で入れるプロダクション、養成所やレッスン生からそのまま所属、街角などでのスカウトなどなど、そのプロダクションのシステムや業務内容などで変わってくるのです。
そこで、ここではアダルト業界を主にお仕事を斡旋するAVプロダクションについて述べていきたいと思います。

まず、このAVプロダクションなのですが、一般の人が想像をしている以上にプロダクションの数が存在しているのです。
そして、このAVプロダクションに入るには、基本的に応募という形で所属をすることができます。
一般のアルバイト情報誌にも掲載されていますし、風俗系のお仕事を主に掲載されている情報誌にも掲載されています。ですので、気軽に応募をして、そのプロダクションに所属をするという形になるまではそこまで難しくはないのです。
これが、有名な俳優やモデル、タレントがいるような芸能事務所ではありえない話なのですが、AVプロダクションであればこういった形で所属はできるのです。